日本での生活
▶学校マンション
▶早稻田言语学院周辺
▶学校写真集

学校マンション

教育・文化の軸の中心へ

早稲田言語学院の西には、中国・日本両方においてハイレベルな教育機関として高い知名度と実績がある早稲田大学があり、東には多くの清国留学生が学び、鲁迅・陈独秀・黄兴・田汉などの卒業生を輩出した弘文学院跡地があります。 地理的に見ますと、ここには中国・日本にとって教育・文化交流の軸があり、早稲田言語学院はその中心に位置します。
また、歴史的に見ますと、弘文学院は19世紀に、早稲田大学は19世紀から今日に至るまでハイレベルな教育を担って来ました。
そして、21世紀に早稲田言語学院が新たに誕生することで、教育・文化交流はより一層活性化すると考えられます。
早稲田言語学院は21世紀、そして更なる未来を担う若い中国からの留学生にとって「玄関口」であり、また、世界へ飛び立っていく「出発口」であると考えました。

寮の特徴

早稲田言語学院の学校マンションは2013年8月に完成「五階建て、本学院へ徒歩3分」早大通りに位置してお り、本学院と早稲田大学の中間に立地しております。交通は便利で、本学院から徒歩3分の距離 で、月々の交通費は最低10000円前後節約できます。宿舎には各種設備や、ネット設備が完備しており ます。近隣には生活用品店が充実しており、すべて徒歩10分圏内です。食事に関しては、早稲田大 学の学生食堂まで徒歩3分で利用できます。学校マンションは本学院の生徒だけが利用することが出来るた め、学生に生活面の情報を提供したり、生活面のトラブルを解決することができます。


学生寮1号館

学生寮2号館

  • 寮の基本事項
  • ・契約開始日:1月1日、4月1日、7月1日、10月1日
    ・寮費: 4人部屋2.8万円~/月、2人部屋3.8万円~/月、1人部屋5.6万円~/月。最低6ケ月契約をします。 契約は寮費納付順に、満員になり次第申し込みを締めさせていただきます。
    ・入寮費(3万円)、施設費(3.5万円)、掃除代(1.2万円)は全ての寮が同一で、最初に1回のみ納付します。
    ・光熱費(電気、ガス、水道料金)は、毎月の料金を同じ寮の学生が全員均等に分け、納付します。
    設備:冷蔵庫、冷暖房、ベッド、インターネット、浴室、トイレ、キッチン、電子レンジ、洗濯機など
    ・空港迎え::学校の指定日のみ、空港出迎え可能(成田5000円/羽田3000円)、学校指定日以外の出迎えは要相談
    ・新品布団1組注文料金1万円(敷布団、掛布団、枕、布団カバー、枕カバー含む)
  • 寮の利用条件
  • 個人の事由によって入寮を取り消す場合には寮費は返還されない。
    契約を更新する場合、契約終了1ヶ月前までに申し込み、最低6ヵ月の契約をし。
    退寮保証金は退寮の際に未納付金の確認、鍵の返却、部屋の状態など点検後、敷金を返還する。

    部屋プランを選べる

    央视CCTV-4中文国际采访我院理事长

    早言人物志

    PageTop PAGE TOP